中学受験 家庭教師

中学受験 家庭教師のタイプ

中学受験の家庭教師には、大学生、大学院生、プロ家庭教師など様々な種類があり、学歴や指導経験も家庭教師によって料金、コースも変わってきます。それぞれの家庭教師の特徴を知り、中学受験の家庭教師選びを行いましょう。

 

プロ家庭教師

 

長い指導経験や過去のデータに基づいた効率的な指導をできる先生が学生よりは多いです。学校教師や塾講師の経験を持つ人が多く、中学受験の知識も豊富ですから、参考書を選ぶときや年輩の先生であれば、中学校を選ぶときも相談すると良いでしょう。

ただし、難関中学へ多数の生徒を合格させるなど、素晴らしい実績を持つ家庭教師もいる一方で、中には肩書きだけのプロ家庭教師(学生家庭教師が大学を卒業しただけ)もかなりの数います。また、社会人経験が全くない、アウトロー的な講師も多く、そういった先生は、自分の指導法に頑固なほどこだわっていたりすることも多いです。

その場合、なかなか家庭からの要望を取り入れたりしないことも多いです。

 

依頼する際には、今までの職歴や指導実績をきちんと確認するようにして下さい。

これは、先生を家庭教師センターに依頼するとき、必ず持ってくるよう指示すれば全く問題ありません。

 

学生家庭教師

 

お子さんの視点に立った指導を行い、勉強することの楽しさを伝え、勉強への意欲を引き出していくことに向いています。やはり、年の近いお兄ちゃん、お姉ちゃん的なポジションになります。ただし、経験値は少なかったり、コミュニケーション能力の低い先生、あるいは、お子様の将来がかかった家庭教師という仕事を時給いくらのアルバイトと考える先生も中にはいます。その部分を踏まえ、見極めることが大切です。

 

 

これを読んでいただいた皆様に、できるだけ中学受験の家庭教師選びの知識をつけてもらえれば嬉しく思います。